top of page
 / 
 / 

Ready AIと一緒に離反を防止!

テーマ:サービス利用の休眠防止


離反防止とはサービス離反の兆候が見られる顧客を事前に予測し、未然に防ぐマーケティング活動を意味します。

離反を防止するためには、どの顧客セグメントが、

離反する前にどのような利用パターンとなっていたのかを理解することが重要ですね。



Ready AIの「サービス利用の休眠防止」テーマを利用すれば、

各金融サービスの休眠可能性が高い顧客をターゲティングできます。

さらには、休眠割合の高い顧客セグメントも探し出すことから、

利用活性化に向けたマーケティング施策の設計もより正確に行えます。








クレジットカードの休眠顧客の予測による、カード決済休眠率の減少


[状況]


カード会社B社では、これまで新規顧客獲得に注力し、順調にカード会員数を伸ばしていました。一方で新規会員数自体は増えているものの、カードを実際に利用しない会員も増えており、アクティブなユーザー数は横ばいとなっていました。カード利用がなされないと、費用だけが掛かってしまうため、どうにかしてカードを利用してくれるアクティブなユーザーを増やしていくことが同社の至上命題となっていました。



[問題定義]


カード利用が一定期間ない離反顧客の割合が非常に高く推移していることが課題としてありました。どうにかこれに対処すべく、カード利用を促すプロモーションを企画し、メルマガで展開していたものの、メルマガの開封率も悪く、根本的な休眠率も改善しない状況が続いていました。



[AI適用による結果]



クレジットカードの会員情報や直近のカード利用動向を用いて、今後3か月間、クレジットカードの利用が見込まれない顧客を予測することに成功しました。ほぼ5割以上が離反をしてしまうセグメントを特定できることで、メルマガよりも効果が高いダイレクトメールを活用し、クレジットカードの利用促進キャンペーンを展開することで、これまでは10%程度であった休眠率が2%pほど改善することができました。







댓글


댓글 작성이 차단되었습니다.
bottom of page